コーティングに適した季節とは
雪国のコーティングについて
梅景商店
冬のコーティングの是非
Check!
冬特有の問題点を検証してコーティングの必要性をお伝えしていきます。
Point
1

【1】雪の影響でコーティングに傷が入ったり剥離する可能性がある。

梅景商店のガラスコーティングの場合でいえばクリアーより通常でも約2倍の膜強度があり、そう簡単に傷が入ったり剥離は起こりにくいです。管理のしかたによりますが、クリアーに傷が入ることは防げます。

Point
2

【2】エンカルなどによりコーティングが傷んでしまう。

ガラスコーティングであればエンカルによってガラス膜自体が溶かされてしまうことはありません。しかし機能層が有機物で構成されるタイプは酸によって機能低下をすることもありますが、メンテナンスによって回復することが出来ます。塗装自体が直接酸に曝されることから守ることが重要です。

Point
3

【3】コーティングが固まらない、強い膜性にならない。

施工環境・設備と施工方法、それと選択するコーティング剤により全く影響を受けることなく施工できます。

室内温度が20度以上湿度管理が出来・防塵シャッター(冬は埃が多い為)と空気集塵機などが完備されていれば、季節を問わず同条件での施工が可能ですので問題はありません、ただしコーティング終了後もインターバル(養生)時間内は施行中の環境を持続する必要性があります。

 

Point
4

【4】鉄粉が刺さりコーティングが傷んでしまう。

ほとんどスタッドレスタイヤを使用しているので冬季だから鉄粉の量が多いことはありません。ガラスコーティングしてあれば4H以上の膜硬度がありますからほとんど鉄粉は刺さりません

Point
5

【5】冬は車が汚れるので綺麗にしてもしょうがない。

霜や解けた雪・誇りによってほかの季節とは比べ物にならないくらい車は汚れますが、それだけ塗装にもダメージを受けています。塗装に受けたダメージを回復する為には、車体の磨きをするか最悪塗装をしなおさなければいけなくなる可能性がありますので、コーティングにより塗装を守ってやることのほうが賢明だと思います。

 

冬場にガラス系コーティングが有効な理由

  • STEP
    01

    汚れがつきにくい

    冬場は霜や溶けた雪、除雪剤や埃などの影響で車が汚れ、ほかの季節より塗装面のダメージを受けやすい。再塗装になるリスクが高くなるので注意が必要です。ガラス系コーティングを施工すると、ボディ表面にガラスの組成に似た、非常に硬い被膜を構成する事で、汚れを付着しにくく、汚れがついても落としやすくなります。

    ceea4521fa432dad07e82a851c519043
  • STEP
    02

    キズの予防

    冬場は除雪剤を定期的に落とさなければならないため、洗車が頻繫に必要となる点と降雪量によっては雪下ろしによってキズがつきやすくなります。ガラス系コーティングを施工している場合は、コーティング被膜がボディを守るため、キズの予防としても有効です。

    f6e1f1ff884c0f20b722f6beeb54229f
お気軽にお電話でご連絡ください
077-582-2668 077-582-2668
受付時間:9:00~18:00
Access

守山市や草津市にお住まいのお客様を中心にコーティングの施工を行っています

概要

店舗名 梅景商店
住所 滋賀県守山市古高町316番地
電話番号 077-582-2668
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
最寄り 守山駅より車11分

アクセス

JR琵琶湖線の守山駅より車で11分ほどの場所に事務所を構え、守山市や草津市にお住まいのお客様を対象にカーコーティングの施工を行っています。丁寧にご説明いたしますので、こういった施工が初めての方でも安心です。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事